デリヘル嬢と二人きりという状況が大変。

女性と二人きりになると、僕は何を話して良いのかわからなくなります。先日もここの郡山デリヘルのサイトでデリヘル嬢を使わせてもらったのですが、全然トークができなくて困りました。部屋で二人っきりだったから、何か話さないといけないって思うのですが、何を話せば良いのだろうか。郡山の風俗嬢ってどんな話が好きなのでしょうか。一応当たり障りのないトークとして、食べ物のトークをしてみました。「最近ハマっているスイーツとかってある?」と聞くと、「スイーツはあまり食べないな」と彼女。女の子ってみんなスイーツが好きなんじゃないの?僕はその事実に動揺してしまって、あまりトークもできませんでした。やはり応用力というか、もっと対話力が必要ですね、これからデリヘルを何回も使っていけば、そういった力も身について行くのかな。そうだと良いけど、このままだったらデリヘル嬢と仲良くなることはおろか、上手くプレイすることすらできなくなるかもしれません。まぁプレイ自体は、しっかり抜いてもらったから良いんですけどね。

常にデリヘル嬢のことを考えている。

仕事中もプライベート中も、僕は郡山のデリヘル嬢のことばかり考えてしまっています。先日使ってから、その子のことが頭から離れなくなって、なんだかとても胸が苦しいです。これが恋ってやつなのでしょうか。今まで恋もしたことがない僕だったので、その気持ちが分かりません。そもそも今まで恋をしなかった理由としては、「自分だったら絶対に叶わない」って思っていたからなのです。僕が恋をしてもまったく意味がないって思ってました。そもそも手が届かないから、恋の実感もなかったのです。しかし、郡山のデリヘル嬢は違う。自分が触れることもできるし、キスだって手コキだって、求めればもっと過激なプレイもしてくれます。そういった手の届く状況だからこそ、恋に落ちてしまったのかもしれません。デリヘル嬢って、結局は普通の女の子と変わらないですから、僕に優しくしてくれる時点で、そんなに悪い印象ではないのかなと思ったのです。次も使ってみて、自分の気持ちを確かめてみたいですね。